ヒトリシズカの中身

あなたの靴はここにあります

ヒトリシズカの水上です。

先日は初めてホームページよりお問合せをいただいた方の採寸をさせていただきました!!
実は数年前からインスタを見ていてくださっていた方で
ほんっとにありがたいです!
足のお悩みを伺っていたので、難易度が高そうだなってどきどきしていたのですが
お会いして、お話をしてみたら、素敵な方で・・・
喜んでもらえるものを作りたいって強く思いました。

さて、先日のブログでブランド・ヒトリシズカについてお話ししましたが
私自身のこともお話ししようかと思います。

水上 静香 みずかみ しずか
もうすぐ30歳です

身長は145cm
足の長さ(大きさ)20.5cm

現在は昼は会社員、夜は靴づくりの2足のわらじです。
土曜日はお世話になっている自作工房ヒロの趣味コースのお手伝いをして
日曜日は部屋でごろごしたり、仲間と共同でおこなう靴アトリエ パーチェ(2020年オープン予定‼)のためのリフォームしたりしています。

以前のブログで、就活パンプスさえないことに絶望したことをお話ししました。
その後、大学4年生で就活はパッタリ辞めて、
小さいサイズの靴を増やしたい…という気持ちのみで
じわじわ靴の道へ進みます。
だれにも内緒で趣味の靴づくり教室へ通い、とりあえず一足作ってみたり
靴学校や靴教室の見学へ行ってみたり。

でも靴職人にはなりたくなかったんです。

職人仕事は極めるのがとっても大変だし
そもそも高級靴をやりたいわけではなくって
単純に世の中に小さいサイズの靴がもっと増えて
もっと楽しい暮らしになればいいと思っていますので。

大学卒業後は、小さいサイズを扱う靴屋さんで販売のバイトしながら靴学校へ通ってました。

靴職人になるのではなく、私が小さいサイズ靴の企画を作って、OEMのような作ってくれるところを探して…そうして小さいサイズの靴を作って売っていこう。そう思って、まずは型紙で仕事をしていた木越謙蔵先生という方の教室で型紙の取り方を中心に勉強しました。

バイト先や教室を通じて、既製靴(お店で22cmとかSサイズとかで売られている靴のことです )を作る様子を知っていくうちに気がつきました。

ほんっとにこれは私の拙い考えで、各所から怒られそうですが笑
このままの既製靴の考え方では、大きさが小さい靴はできても、
小さい足のための靴はできないだろうなって思いました。
いろいろと思うところはあるのですが、アツくなってしまうので、
小出しにします😅

とりあえず、既製靴は作る側と履く人の距離がとても遠いです。
売る人に靴制作の知識と足の知識があれば、履く人からのフィードバックを作る側に伝えてどんどん良くなっていくだろうな~🤔 ともやもやします。とだけ。

と、もやもやして既製靴の限界、私の知識不足で苦しくなったので、
オーダーシューズの知識と技術を学ぶことにしました。
もっと、足と靴の関係について知らないとどうにもならなかったんです。
人間の足なんて、全ての人が違います。左右でも違います。
足だけで無く、体全体のバランスの問題も考えないといけません。
そして、それを考慮した靴にしないといけません。
始める前から、オーダーシューズの大変さは分かっていたので
踏み込むまでかーなーり、躊躇しました。

でも、やるより仕方なかったので
オーダーシューズを教える 自作工房ヒロの扉をたたきました。
今はひーひー言いながら靴を作っております😅

自作工房ヒロでは、一通りの勉強を終えて、
現在は貸し工房のような感じで場所をお借りしています。

長くなってきましたので、とりあえずここまで。
読んでいただいてありがとうございます🙇‍♀️