言葉にすることって難しいな…

こんにちは

あなたの靴はここにあります
ヒトリシズカの水上です。

新年度が始まりました!
子供の頃ほどではないですが、少しわくわくしますね

このところ、このホームページやブログもそうですが、
ブランドや自分のことを言葉にする機会が多くありました。
でも、言葉にするのって結構難しくて。
エネルギーを使いますね。

でも、言葉にしないことには結局伝わらないし…

なんて思いながらも、半ば現実逃避的に
谷川俊太郎の『二十億光年の孤独』を読んでいました。
自身と詩について書かれた文章の中で
どうしても心惹かれる部分があったのでご紹介。

 私も自分自身を生きのびさせるために、言葉を探す。私には、その言葉は、詩でなくともいい。それが呪文であれ、散文であれ、罵詈雑言であれ、掛声であれ、時には沈黙であってもいい。もし遂に言葉に絶望せざるを得ないなら、私はデッサンの勉強を始めるだろう。念のためにいうが、私は決してけちな自己表現のために、言葉を探すのではない。人々との唯一のつながりの途として言葉を探すのである。

60年ほど前に書かれたものですが
ザ・詩の人ってイメージだった谷川さんの言葉として
とても惹かれます。
詩にこだわらず、言葉と向き合い、「人々との唯一のつながりの途として言葉を探す」というところがグッときます。

ヒトリシズカは現在お試し期間として
オーダーシューズと手直しサービスを特別価格で行っています。
お気軽にお問い合わせください。