人体展に行ってきました

あなたの靴はここにあります

こんにちは

ヒトリシズカの水上です。

ちょっと肌寒いお天気です。体調崩されていませんか?

昨日、上野の国立科学博物館で開催中の人体展へ行ってきました。
平日にもかかわらずなかなかの人出!
結構読むものが多いので、もっと人が多いと大変かも;

今回の展示はNHKスペシャルで既に人気があったのである程度の混雑は覚悟の上。
ちなみに人体展公式ツイッターによると土日の混雑している時は整理券を配布して、特別展内の入場規制を行っているようです。チケットはネットなどであらかじめ用意しておくことをオススメします。JR駅構内や公園の案内所でもチケットは購入可能ですよ~。

今回の展示は医学の歴史と人体の仕組みや機能を最新の研究を含めて展示しています。
とてもあたりまえなんですが、こんなに複雑な働きを私の体の中でも今現在行われていると思うと不思議な感じがします。

人体がメインですが、それぞれの臓器が他の生き物と比べられる展示があったのが面白かったです。
爬虫類や両生類、クジラやイルカ、ネズミなどそれぞれが生きる環境など必要に応じたかたちになっています。心臓の部屋の数が違ったり、植物食のカピバラは消化器官が長かったり。進化のこととか考えるの、結構すきなんですよ。

それから、日本歯科大学医の博物館というものがあることも初めて知りました!
展示されているコレクションの説明プレートには大抵どこから借りたのか書いてあって、それを見るのも好きで。医の博物館所有のものがいくつもあったので覚えて帰ったのですが、うーん新潟か。機会があったら行ってみたいです。

そんなこんなで、ざっくりみて2時間かかりました!
10:30過ぎに入って13時くらいになっていましたので、おなかぺこぺこでした。
常設展はお気に入りの部屋だけ覗いて帰りました。
館内のラウンジとレストランで食事ができますが、安定のカレー率の高さです🍛
天気が良ければ、駅やさくらテラスで食べるものを買っておいて、屋上やラウンジの外のテラス席、地球館の入口の左側の奥へ行ったところのロケット発射台の前で食べるのもいいですよ。おなかが満たされれば常設展をあと数時間見る元気も出ます。

6/19から国立西洋美術館で「ミケランジェロと理想の身体」展があるようで、こちらも楽しみです。